前へ
次へ

美容業界もグローバルに

社会全体がグローバルア化に向けて動いています。
英語を公用語とする企業も増えているし、仕事の中でも必要とされる場面もあります。
このようなグローバル化の波は美容業界にも起きていて、専門学校などでは英語教育に力を入れているところもあります。
例えば、化粧品一つ取ってみても、スキンケアやコスメなど、カタカタで表される言葉がとても多いです。
それほど、技術や研究開発には海外との連携などが必要だと言う事で、英語を必要とされる場面も多くなってきます。
国際交流が盛んになってきているので、化粧品販売店などでも外国のお客様が来店して、外国語を必要とされる場面も今後は増えてくるでしょう。
その時のためにも、外国語を学んでおくのは役立ちます。

英語がわかる美容サロン

外国人が多い所が増えてきています。
そんな外国人が美容サロンに行って、自分の希望を伝えにくいということが多いと聞きます。
そこで、英語が話せる美容サロンが出来てきています。
自分の希望をきちんと伝わって、希望通りに施術してくれるところがまだ少ないのです。
美容英語を話せるように、サポートしてくれる本も出ています。
この業界の専門用語を勉強したいというかたにはぴったりです。
また、話す表現方法なども学ぶことができます。
その他には、いずれは海外で活躍したいという方にもいいです。
美容と英語を学ぶという学校もあります。
英語力をつけて、お役様を増やすこともできるのです。
ますます増えてきている外国人に対応できるスタイリストになりましょう。

Page Top