前へ
次へ

美容師が海外で働くための英語・英会話

やりがいを求めて海外で活躍を検討する美容師が増えています。
日本は固定給プラス歩合制ですが、海外では歩合制のみのお店が多くあります。
技術が認められた美容師には予約がひっきりなしに入ります。
またアメリカですと、チップの額も高額になります。
日本でもカリスマ美容師と言われるような人々は高給ですが、その人たちに近い収入を得ることも不可能ではありません。
なぜかと言うと日本人は繊細で丁寧な技術を持ち、顧客を満足させることに情熱を注ぐからです。
顧客とのコミュニケーションを難なく取れる、確かな技術を持つ日本人美容師の需要は高くて当然と言えます。
海外で働くためには、現地で確実に認められる技術と英語力向上に努めることが成功への近道です。

美容師として英語スキルを活かす

日本に在住している外国人に気軽に来店してもらうためには英語が重要です。
また近年増加している外国人観光客に来ていただくためにも必須と言っていいです。
海外では日本人美容師の評判は良く、多くの顧客を抱えている人もいます。
観光客に来てもらえば、口コミやネットを介して、美容院と英語の話せる美容師の評判は世界に発信されます。
美容師への指名は増加しますし、収入増が見込めます。
聞き取りやすい英語でコミュニケーションを取ってくれれば、お客様も寛げますし、リピーターになってもらえる可能性が出てきます。
電話対応や受付、髪型の細かな要望を聞き取り、お客様のイメージしている髪型にしていければ、リピーターは益々増えて行きくことになります。

Page Top