前へ
次へ

美容に関する言葉は英語のものが多い

美容分野に関する言葉は英語のものが多くあります。
普段何気なく使っているワードもほとんど英語からのものです。
言葉としてはかなり浸透してきていますので、誰でも意味を理解できています。
しかし、中には厳密に言うと意味が少し違うものもあるので注意が必要です。
特に外国製の化粧品などをを使用する場合には、きちんと意味を理解することが大切です。
日本語訳がされている商品を選んだり、説明の英語文をしっかり翻訳するなどしましょう。
使い方によっては肌のトラブルを起こしかねませんので、事前に少量でテストするなど注意を心がけてください。
カタカナ表記は和製英語のケースもあります。
色々調べてみると言葉のルーツが分かっておもしろいかもしれませんね。

英会話のできる美容師

英語会話が得意な日本人はあまりいません。
昔よりは英会話の得意な人は増えましたが、実際に生活で使用することがないことから、身につかないのが現状です。
しかし外国人観光客が年々増加していることから、接客業に従事する人々の語学力向上が求められています。
美容師も当然含まれます。
日本人美容師は海外で人気です。
これは繊細な技術とお客さまのニーズに応えながらも、お客様に似合う髪型にするからです。
アメリカやドイツなどでも、現地の人が日本人美容師目当てに、わざわざ遠方から足を運ぶくらいです。
外国人(特に欧米人)は休暇が長いので、長期旅行者が多いのです。
この旅行期間に本場の日本の美容師技術に触れてもらうためには英会話能力の向上が重要です。

Page Top